Cana+Daily

2020年春大学卒業。現在都内某外資系ホテルにて勤務中。将来の選択に迷う人たちの助けになればと思っています。

【社会人2ヶ月目】1ヶ月間自分と向き合い続けた結果...

 

こんにちは。

 

お久しぶりです。

 

 

前回の記事から約1ヶ月が経ち久しぶりにブログを書いてみようと思いたちました。

 

 

 

このブログ、本当に気まぐれで自分が書きたいことがある時に書いているのですがこれを読んで、元気そうだなと思ってくれるだけで私は満足です。笑

 

 

そして、今これを読んでくれている皆さんが元気でいてくれることを心から願っています。

 

 

 

f:id:dangorogoro:20200520190838j:image

 

 

 

自宅待機中の心の変化

 

特にこれといってしなければいけないこともなく、するべきことは少しずつやりつつ日々を過ごしていきました。

 

 

相変わらず毎朝同じ時間に起きて、ゴミを出すところから始まる朝。

 

 

週末は両親が休みなので色々と話したりゆっくりしていました。

 

 

 

最初の1ヶ月は5月初旬からまた仕事が始まるかもしれないと、自分にムチを打ち毎日何かしなければ!と行動していました。

 

 

それが実は、5月一杯の自宅待機が決まり、入りたてで何も仕事を知らない私にはやりたくても何もできずただただ思い悩む日が続きました。

 

 

 

一度決めたらそのまま突き進む!みたいな性格の私にとって実際に仕事ができないことや自分には何もできないということを実感し続ける日々は正直辛く、悲しいものに変わっていきました。

 

 

 

そしてこの前、父親の何気ない一言で今まで誰にも言うことのなかった感情が雪崩のように崩れて心に押し寄せてきて、張り詰めていたものが急にぷつんと切れてしまいました。

 

 

 

自分の変に真面目な性格が邪魔をして、落ち込むことしかできない毎日。

気分転換しようにもなかなか思うようにいかない日々。

 

 

 

いつもは人の目なんか気にならなくていつでも前に突っ走るのに、最近は気がつけば周りと自分を比べて自分の劣る部分ばかりを探しています。

 

 

今思えばこんなに自分の気持ちにフォーカスしてブログを書くのは初めてですね。。。笑

 

 

 

 

 

 

 

孤独であること

 

急にすみません。笑

 

孤独という言葉はインパクトが強いので私もあまり使うことはありませんが、あえて今日は使っていこうと思います。

 

 

今までの私であれば孤独という言葉には何も響かなかったと思います。

 

 

しかし、最近はいろんな本を読む中でなぜか共通項のように「孤独」という言葉が目に入るのです。

 

 

不思議なもので、今はどこか親近感を感じるくらいです笑

 

 

 

ですが、面白いことにどの本にも「孤独」は

ポジティブな意味も感じられるように書かれていました。

 

 

 

そこで私が好きだった文章があります。

 

 

 

それは人生が陰と陽の両面があるという言葉でした。

 

多くの人に囲まれて得られる学びと、孤独でいることで得られる学び。

 

今回このような状況になったからこそ自分がもう一段階強くなれたような、そんな気がしました。

 

 

 

最近は、少し光が見えるような出来事もあったので今は前向きに元気にやっています。

 

 

 

 

今回のブログを読んでくれている方でもし今私と同じような状況にいる方がいたらこの場をお借りしてお伝えしたいなと思います。

 

 

 

どんなことでもいつか終わりはあって、絶対に無理と思っていても振り返ってみれば意外とできちゃった!みたいなことってあると思います。

 

 

直接つながっていなくても誰かはどこかであなたのことを考えたり、ふと思い出しているかもしれません。

 

 

ちょっと辛くなったら、「今」から離れられるような、時間を忘れられるようなことをしてみましょう。

 

 

本でも、料理でも、なんでも。

 

 

1年後になれば、あんなことあったな〜って思い出したり、10年後になれば思い出のひとつとなってあなたを支えている一部になっているはずです。

 

 

 

 

最後に

 

今回のブログも最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

次のブログではもっと明るくポジティブなトピックをシェアできていればいいなと思っています!

 

それではまた次にお会いする日まで。

 

【社会人1ヶ月目】華々しい社会人生活が始まるかと思いきや、、、

 

みなさん、こんばんは。

 

前回の記事から早1ヶ月経ちました。

この1ヶ月で目まぐるしく毎日のように忙しく休む暇もない!という予定がまさかの、

「毎日自宅待機」です。

 

おうち時間が増えている中でみなさんはどのように毎日を過ごしていますか?

 

 

 

 

自宅待機開始から1週間半経過

 

この1週間半、短いようで本当に長い。というのが正直なところです。

 

 

今までだったらあっという間に過ぎていく日々がいつまでも流れていかずに時間と共にちゃんと生きている感覚があります。

 

 

毎日起きる度に眠たいなと感じてた日々から、朝起きるたびにすっきり起きられる日々に変わり、

 

 

明日もまた仕事だ〜と不安が残る夜を過ごす日々から、明日は何しようかな〜とゆっくり予定を決められる日々に変わり。。。

 

 

忙しい日々に慣れていた私は急にブレーキをかけられたようでした。

 

 

 

私の両親共にこの事態でも毎日働きにいかないといけない職に就いており、私は自宅待機している傍ら結局のところリスクと隣合わせです。

 

 

しかしながら、毎日両親の帰りを待ちながらご飯を作ったり、犬と散歩をしたり、

誰かと過ごせる当たり前の日常が私にとっては幸せだと気づく時間になりました。

 

 

コーヒーを飲む時間にしても、今までだったらインスタントですぐに飲めるものを選んでいましたが、今ではミル挽きを買ってコーヒー豆から挽いてみたり。。。

 

 

日常生活でおざなりになっていたり気にも留めなかったことが幸せを感じるヒントになっていることに気づきました。

 

 

 

 

f:id:dangorogoro:20200419192037j:image

 

 

人とのつながり

 

こういった中で私にとってすぐに元気になれることは、

「人と話すこと」です。

 

短時間話すだけでこんなにも元気になれるのか、と自分でも驚きます。

 

 

だからもしこうやってブログを書いていたら少しでも「人」を感じて、同じように日々を過ごしてるんだな〜と思ってもらえるのかなって思って書いてます。

 

 

話は変わりますが、この間「東京ラブストーリー」という30年前のドラマを見ました。

 

 

スマホはもちろんなく、あるのは自宅電話。

 

人との予定を取り付けるにも会社に電話をしたり、待ち合わせ場所では少し時間がずれるだけでその日会えなかったり。。。

 

 

なんだかその感じが今の私にとってはすごくほっこりして羨ましくなりました。笑

 

 

好きな人に会うにも今はメッセージのやり取りで済ませてしまうところを、勇気を出して電話して留守番に入れたり。。。

 

 

なんだかすごく人間味があるなと思いました。

 

 

だからこういう時こそ本当に大切にしたいと

思う人や友達には積極的に連絡しています。

 

 

くだらない話をしたり近況報告をしている間だけは人とのつながりの中で当たり前の日常がずっと流れていることを感じたいと無意識的に思っているのかもしれませんね。

 

 

 

最後に

 

私のように新卒で入って早々自宅待機になってしまったり、新しい生活が始まったのにも関わらず思うような毎日を送れない方々が沢山いると思います。

 

 

ただ、今は辛抱の時期だと思います。

 

 

今の私に出来ることは元気に日々を過ごし、毎日規則正しく生活をしてご飯を食べて好きなことにできるだけ触れておうち時間を楽しむことだと思います。

 

 

いつかまたなんてことない日常が戻るはずです。

 

 

 

体を大切に、そして何より心をもっと労って。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次回のブログでお会いしましょう♪

 

良ければポチッとお願いします✨↓


気まぐれ日記ランキング

【ご報告】大学卒業1ヶ月前に進路が決まりました!

お久しぶりです。

 

本当に、お久しぶりです。

前回の記事から約半年が過ぎようとしてました...笑笑

 

この半年は色々あり、何があったかというと基本的には将来のことを主に色々悩んでましたね。

 

普通だったら4年生の夏頃までには就職が決まっていたりある程度落ち着いてるはずなのですが、私の場合は大学4年の夏以降がかなりバタバタしてました。

 

 

それでは今から進路のご報告とともにどんなことがあったのかお話していきます。

 

f:id:dangorogoro:20200318193744j:image

(2月にロサンゼルスに行ってきました!上手いタイミングで行けて良かったです💦)

 

 

結局のところ就職?カナダワーホリ?

まずそこですよね。

 

 

私は結果的に日本での就職を選びました。

 

 

ただ誤解して欲しくないのは私の意志で決めたのであって周りを見て不安になって…とかでは全くないです。

 

 

 

就職先は都内の某外資系ホテルです。

ポジション採用だったため、入社してからすぐにそのポジションで働くことになります。

 

 

お客様も海外からの方が多く、今までの経験を活かすことができそうです。

 

 

また、何より好きな点は働いてる方のフランクさです。もちろん上下関係や中に入らなければ分からないことも沢山あると思いますが印象としては私も馴染みやすいだろうなというものでした。

 

 

ホテルでの面接とカナダワーホリ申請を同時並行

 

実は、カナダワーホリの申請もしていました。

 

 

ワーホリ申請をされた方ならわかると思いますがバイオメトリクスを取るところまでいっていました。

 

カナダのワーホリビザは12月から申請はできるのですが1月末までなぜか一歩踏み出さずにいて、久しぶりに私と同じような境遇を持つ同世代の人に会った時に「やってみるか」と思い腰を上げました。

 

 

その際にホテルでの面接も同時並行していたため、正直にその旨も担当者の方にお話をしました。

 

 

普通ならそんなことを言えばこのお話も無くなってしまうかもしれませんが、意向が決まったら連絡を下さいということを言ってくださり、ちょっと考える時間ができました。

 

 

 

答えは意外とすっと出た

最初はカナダに行くか日本で就職するか迷っていましたが、実際に自分自身が将来のキャリア選択のプロセスにいると見えてくることもあるんだな〜と思います。

 

 

最終的にはどっちの選択肢がすんなり納得できるのかというところだったなと思いました。

 

 

私は特にこだわりを持って何かを取り組むよりも、やりながら自分に合う・合わないを判断するタイプなので、もしかしたらこのプロセスがあったからこその決断だったかなと思います。

 

 

意味のない経験なんてない

 

これは母がよく言う言葉です。

何をしてもいつかはなんらかの形で報われるといつもアドバイスをくれていました。

 

 

そう、本当に意味のない経験はないと思います。

 

 

こんなことをしていてこれが私の将来のキャリアに役立つのか迷うことも沢山ありました。

 

 

ただ、この前の月曜日に就職先のホテルからあるお話が来ました。

 

 

私が面接の際にブログを書いていますと少しお話したことがあり、そのことを人事の方が覚えててくださり今の事態が収束するまでPRのお手伝いをしてくれないかというお話が来たのです。

 

 

今、留学会社でマーケティングの部署にてインターンもしており、卒業前にインターンをしていて意味があるのかとも思っていましたが、このようなお話が来るとはという感じでした。

 

 

やってる最中は分かりませんが、こうやってチャンスが広げられたのはとても嬉しいなと思います。

 

 

縁とタイミング

色々ありましたが、どんなこともこの言葉に尽きるのかなと思いました。笑

 

どれだけ自分がやりたくてもタイミングが違えば実行できないし、しがみついて頑張っても結局なるようにしかならないし、そこまで興味はないことであっても縁があって繋がり続けたり、自分が思うようにいくことってなかなかないな、と。

 

 

今まで相談に乗ってもらったりと沢山の人に支えられこんな時期に自分の納得できる進路を決めることができました。

 

 

当面の間、カナダには行くことができないと思うのでこのブログの名前も変更しようかな!と思います笑

 

 

ただ、英語学習や留学についての情報は経験談としてこれからも発信したいなと思っていますのでゆっくり待っていて下さい😊

 

これからビジネス英語というもう一つレベルの上の英語を習得しなくてはならないのでこれからも頑張ります😂

 

 

このご時世、色々大変なこと不安なことがあると思いますが事態がうまく収束することを願って生活していきましょう。

 

 

 

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!

またいつかこちらでお会いする時まで😊

 

良ければポチッとお願いします✨↓


留学ランキング 


英語ランキング

【海外キャリア・体験談】癒しのハワイ・ワイキキ🌴現地ホテルで働いて見えてきたもの

 

 

こんにちは。

 

皆さん、台風19号大丈夫だったでしょうか?

皆さんの無事を祈ってます。

 

 

 

季節の変わり目で風邪もひきやすいので気をつけてくださいね。

(私はバイト先の生徒から風邪をまんまともらっちゃって、2週間くらい続いてます。。。泣)

 

 

 

それでは本日も前回に引き続き海外インターン

経験者のお話をシェアしようと思います!

(前回の記事良ければ読んでください!:【海外キャリア・体験談】スタバの本場シアトル・国際空港で働く!! - Cana+Daily)

 

 

 

今回はなんと…ハワイ!!!ワイキキ!!!🌴

で現地ホテル職場体験をされたKさんにお話

を聞きました。

 

 

 

 

お話聞くだけでワクワクしちゃう、、、!

私も行きたい…。笑

 

 

 

目次

 

 

1.現地での生活

 

 

2.ハワイで感じたカルチャーショック

 

 

 

3.海外経験で私のここが変わった!

 

 

 

こちらに沿ってお話ししていこうと思います。

 

 

 

f:id:dangorogoro:20191016134735j:image

 

 

 

1.現地での生活

 

 

 

実は、今年の夏ハワイに行く前に、昨年9月か

ら今年4月まで7ヶ月間カナダ🇨🇦に語学留学に行

っていたKさん。

 

 

 

カナダで培われた英語力のブラッシュアップも込めてハワイへ行ったそうです。

 

 

 

 

Kさんは合計でワイキキに6週間​滞在。

 

内訳は…

 

1週間ハワイ散策🌴

⬇︎

4週間現地ホテル職場体験

⬇︎

1週間現地企業訪問

 

だったそうです。

 

 

 

Kさんが行った時期はちょうどホテルの繁忙期!

 

 

 

Kさんが職場体験していたホテルでは、

フロントデスク、ベルデスクなどなど色々なお

仕事を体験させていただいていたみたいです。

 

 

 

 

何か質問などがあればKさんを担当している方

に聞くことができたらしく、働く環境としては

最高だったといいます。

さらに働く人たちが協力的で、お互いを尊敬し

ていて非常に働きやすかったそうです。

 

 

 

 

最初は英語をビジネスシチュエーションで使う

ことに不安を持っていたKさんですが、最終的

にはお客様がKさんの接客に対してチップをく

れたらしいです!

 

 

 

プログラム上、Kさんがそのチップを頂くこと

はできなかったらしいですが、接客を評価して

もらえたことにとても嬉しかったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

2.ハワイで感じたカルチャーショック

 

 

 

 

Kさんが驚いたことはKさんが職場体験してい

た環境で働いていた人たちが「転職」とい

うものにネガティブなイメージを持っていない

ということでした。

 

 

 

 

もちろん、日本でもどんどん転職という言葉が

多く見られるようになっていて、ポジティブな

イメージに変わりつつあると思います。

 

 

 

 

 

Kさんが働いていたホテルの従業員の方は、前

職が全くホテル業に関係ない仕事に就いてた方

も多く、

 

「なんで転職をしようと思ったのですか?」

 

というKさんの質問に対しての答えが、

 

 

 

新しいことをやりたくなったから

 

 

人生に刺激が欲しくなったから

 

 

 

などと、新しいことに挑戦したいというポジテ

ィブな気持ちで転職する人が多いことにびっく

りしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

3.海外経験で私のここが変わった!

 

 

 

 

私はKさんと、今年の春カナダに滞在していた

際に出会ったのですが、その時からとても前向

きで明るい性格、向上心がある方だと思ってい

ました。

 

 

 

しかし、Kさん曰く、前は内気だったといいます。

 

 

 

カナダ留学中からKさんの行動力がめきめき伸び、今では自分を表現することが得意になっています。

 

 

 

“英語を学びながら生活する自分が好き!”

 

 

と言っていたKさんのワクワクが本当にこちらまで伝わってきました。

 

 

 

将来は、観光客の方と関わるような接客業に就きたいそうです。

 

 

 

しかしまだKさんは大学3年生。

 

 

今は将来の可能性も考えながらどんなことをす

るか考えているようです。

 

 

 

 

 

最後に

 

 

このインタビュー記事を書くにあたって、様々

な人にアンケートを取っていたのですが、

 

 

 

最後のセクションは

「最後に伝えたいこと」

として回答者の方に自由に書いてもらうスペー

スを設けました。

 

 

 

そこで、Kさんがすごく嬉しいことを書いてく

れていたので全文そのまま掲載しようと思いま

す。

 

 

 

 

私はカナダにも7ヶ月留学させていただいたけど海外で生活する経験はそのあとの人生で本当に役に立つものだと思っています。自分自身、留学前に比べて自分の向上だけでなく自分ってどんな人だろう、何が得意で何が苦手でどんなことをするのが好き・嫌いみたいに自分について考え、見つめる時間が増えたし意識できるようになりました。言語だけでなく見えない文化の壁も体験して問題解決力とか知識とかもすごく増えたしいろんな人と話したり情報交換していくうちに自分の考え方に柔軟性も生まれました。私も不安だらけの毎日だったけど、周りの人達に支えられて乗り越えることができたし、小さなことでも「できた」「 わかった」感覚がどんどん増えてすごく充実して実りある生活を送れて、今の自分があります。もし留学やインターンしたいけど不安で悩んでいることがあったら私は背中を押したいなと思います☺︎

 

 

 

 

Kさん、インタビューさせていただきありがとうございました。

 

 

 

 

そして、最後まで読んでくれたみなさん、ありがとうございます!

 

 

 

 

それではまた。 いい1日をお過ごしくださいね。

 

 

 

この記事が良ければポチッとお願いします✨↓


留学ランキング


英語ランキング


カナダランキング

 

【海外キャリア・体験談】スタバの本場シアトル・国際空港で働く!!

 

 

 

お久しぶりです!

みなさん、お元気ですか?

 

また1ヶ月ぶりの更新になってしまいまし

た。。。笑 

 

 

近況報告としては、この前の記事でお伝えした

IELTS7.0取るために重い腰を上げて勉強始めま

した!笑

 

 

私は家で机に向かって勉強するタイプではない

ので、通勤・通学時間に勉強したり、家に着い

た後の隙間時間にちょこちょこしています。

 

 

そして大事なこと!

今回の記事はいつもと少し違います✨

 

 

これからは何回かに分けて海外インターンを経

験した方にお話を聞いて海外で働くとは実際ど

んな感じなのかをまとめた記事にしたいと思い

ます。

 

 

 

私のブログは将来選択に迷う方へ何かお手伝い

をしたいと思って立ち上げたブログなので、こ

の記事がお役に立てば幸いです。

 

 

 

今回お話を聞いたのは大学3年生のSさんです。

 

彼女と出会ったのは同じゼミだったからなので

すが、一目見た時からすごく芯が通っていてし

っかりしているな〜という印象がある方でし

た。

 

 

 

それではこれから、

 

目次

 

1. プログラムに申し込んだ理由

 

2. 現地で何をしたか

 

3.この海外経験でどんなスキルを得たのか​ 

 

こちらに沿ってお話ししていきますね。

 

 

 

f:id:dangorogoro:20191008000446j:image

 

 

 

 

1. プログラムに申し込んだ理由

 

 

大学入学前からもともと英語に興味があり、ず

っと留学をしたかったそうです。

 

英語力は、大学の英語クラス分けで上位のクラ

スにいく持ち主!

もともと英語は得意だったようです。

 

 

そして何より行動力がある!

家族で行った旅行で、その家族をおいて一人で

スカイダイビングに行っちゃうほど!笑

 

 

やりたいと思ったことに真っ直ぐですぐ行動に

移せる性格の方です。

 

 

将来はエアライン系のお仕事に就きたいそう。

そこでこちらのインターンシップに申し込んだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

2. 現地で何をしたか

 

 

 

今から実際にSさんがどんなプログラムに申し

込んで、シアトル国際空港で働くまでに至った

のかお話していきます。

 

 

 

プログラムは

 

3ヶ月間語学学校📚3ヶ月間無給インターンシップ✈️

 

だったそうです。

 

 

 

 

3か月間語学学校📚

 

最初の3ヶ月間の語学学校は最初から一番上のクラスに在籍。

 

 

かなり小規模な学校だったそうで、先生1人に

つき生徒3人ということもあったそうです。

 

 

 

 

3ヶ月間無給インターンシップ✈️

 

 

シアトルタコマ国際空港でのインターンシップ

 

 

主に、インフォメーションセンターでお客様か

らの質問を受けたり、セキュリティチェックに

てお客様を誘導したりしていたそうです。

 

 

 

Sさんを含め2名のみ日本人のインターンシップ

生がいたそうで、インターン生を教育するスー

パーバイザーの方は大学からアメリカに移住さ

れた日本人の方だったそう。

 

 

 

よって、お仕事中は基本的には英語を使うこと

が多く、日本語を使用する時は日本から来た観

光客の方やそのスーパーバイザーの方、インタ

ーンの方と話す時くらいだったそうです。

 
 

●大変だったこと●

 

特にセキュリティチェックのエリアは時間によ

ってとても混雑するそうで、そんな最中に搭乗

時間ギリギリのお客様が来た時は大変だったそ

うです。

 

 

急いでるお客様を先に入れてあげる権限もイン

ターンシップ生のためもらえず、空港側とお客

様の板挟みになり助けてあげたいけど…という

ジレンマがあったそうです。

 

 

 

●驚いたこと●

 

シアトル国際空港で働いてる人はアメリカ出身の方達よりも、移り住んできた方が沢山いる印象があったそうです。

 

 

 

 

 

3.この海外経験でどんなスキルを得たのか

 

 

ボランティア精神●

 

インターンが始まり1ヶ月経った後、Sさんが街

中を歩いてると重い荷物を持つおばあさんを発

見。

 

Sさんは何も考えずにすぐさまおばあさんを助けていたそうです。

 

そこで自分自身が変わったことを実感したそうです。

 

 

●環境適応能力●

 

ホームシックには一切ならなかったそう!

 

もちろん、もともとのSさんの性格や習慣もあ

ると思いますが、自分自身でコミュニティを作

ったり、Sさんの現地での努力があったからこ

そだと思います。

 

 

語学学校で出会った友達は日本に来たいとSさんに言ってくれるくらいの仲になったそうです。

 

しかしながら、インターン先で現地にいる友達を作るのは難しかったそうです。

 

 

 

できるならアメリカにもっといたかったそうで

すが、大学の授業のこともあり帰ってきたそう

です。

そこまで思うことができるくらい充実していた

ということですね。

 

 

 

 

 

 

やはり海外で働きたい!となると大事なのは

ビザのステータス​ 

だと思います。(もちろん他にもあると思いますが)

 

 

どんなビザを持って入国しているのかによってこれからの仕事に繋がるかどうかに非常に影響してくるのではないでしょうか。

 

 

特にアメリカはグリーンカードを取るのも大変という話を聞きます。

 

 

専門的なスキルを持っていない方はどうやって

長くその国に滞在するか

​というのは海外就職のカギになるのではないか

と思います。

 

 

 

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

そしてインタビューさせてくれたSさんに感謝です。

 

 

それでは、いい1日を過ごしてくださいね😊

 

 

↓✨もし良ければポチッとお願いします✨↓


留学ランキング


英語ランキング


カナダランキング

 

【英会話・留学】留学後の英語力の維持・向上は自分次第!私が実践した方法まとめ

 

 

本当に久しぶりの投稿になります。

お久しぶりです!笑

 

 

私は現在カナダにまたいます!

そうなんです、もう懲りずにこの2年間の間に4

回(留学も含め)、計1年2ヶ月も滞在していま

す。

 

 

これも偶然出会った人たちとのご縁があったか

らの話で、本当に良い日々を過ごさせてもらっ

てます。

 

 

そしてこちらで誕生日を迎えました🎂

お祝いのメッセージを送ってくれた皆さん、ありがとうございます😊

 

 

 

 

そう、実は私このブログを書く前にもう3個く

らいほぼ書き終わってる記事があったんです。

 

 

ただ、どのトピックも私が書かなくたって見つ

かるものだし、なんか違うな〜と思って公開し

ませんでした。

やっぱりブログをするには「私」が伝えられる

ことじゃないと!と思って。

少ない経験の中でももっと違うことを発信しよ

う!と思った次第です。

 

 

 

 

それでは、本日のトピック

「留学後のの英語力の維持・向上は自分次第!私が実践した方法まとめ」

について話していこうと思います。

 

 

f:id:dangorogoro:20190910162807j:image

 

 

 

目次

 

1. 私の英語力はそもそもどれくらい?

 

2. どうやって英語力を維持・向上させたか

 

3. 今直面している大きな壁とは?

 

 

 

 

それでは、

1. 私の英語力はそもそもどれくらい?

について話していきたいと思います。

 

 

 

1年前の英語力(留学終了直後)

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、一応今の私の英語力についてお話します。

 

(詳しいことはこちらのブログに載っています

【TOEIC•IELTS スコア公開】カナダ語学留学10ヶ月どれだけ英語力が伸びるか - Cana+Daily)

 

 

 

ざっくり書くと、

TOEIC 810 (2018/11取得)

IELTS 6.5 (2018/6 取得)

です。

 

 

 

どれもほぼ1年前のものなので、私の本当の今の英語力が分かるものはありません。

 

 

 

語学学校などに行けば、上級レベルのクラスに

入れるくらいで、一般の英語レベルでいえば

上級くらい、、、なのかな?と思います。

 

 

 

 

留学してから1年後の英語力(現在の英語力)

 

 

最近受けたテストなどはないので、数字で表すことができません。

 

 

 

日本に帰るとスピーキング力が落ちてしまうなどよく言われると思いますが、私はむしろスピーキング・リスニングとともに上がったと思います。

 

 

 

例えば、カナダにちょくちょく戻ってくる間に

会う友人と話す時に、頭の中は英語に切り替え

ることができるし、私のゼミの先生やカナダの

現地の友達には「英語力上がったね」と言われ

ることが多いです。

 

 

自分自身、留学中よりもかなり自信を持って話せるようになったと思います。

 

 

どうやって維持・向上させたかの方法などはまた次の章でお話しますね。

 

 

 

留学で英語力のある程度のベースができて、そ

のあとどうするかは本当に自分次第だなと思い

ます。

 

 

 

そこで日本での過ごし方や休暇の過ごし方がどれだけ留学後の英語力に影響するのかということを実感しました。

 

 

 

 

 

 

それでは次に

2. どうやって英語力を維持・向上させたか

についてお話しします。

 

 

 

 

それはもう簡単だと思います。

 

 

学校・仕事以外の時間を英語に触れさせる時間にする

 

 

留学中にあれだけ英語に触れて勉強してたから

こそ向上できた、ということはある程度英語に

触れていないと維持も難しいと私は思っていま

す。

 

 

私が実践した方法を4つ紹介します。

 

 

1.通学や通勤の時間に英語のコンテンツを見たり聞いたりすることを習慣づける

 

 

 

オススメの方法は

Netflix などで海外ドラマをみる

洋楽を聴く

英会話podcastを聴く

 

 

本当に王道だと思いますが、これは実際効果があると思います。

 

 

 

しかしこれには注意点があります。

ただ聞きっぱなしにするのではなく、口パクして真似をしたり頭の中で歌詞の意味を理解しようとしたりする​事で英語を話す口の動き方を忘れずに済みます。

 

 

 

 

リスニング力の向上、さらには知らない英語の

言い回しや新しいボキャブラリーの取得に繋が

ると思うので、日常で始めるには始めやすいか

なと思います。

 

 

 

 

2. バイトを思い切って変えちゃう!

 

 

私は学校以外の大きな時間を占めるバイトの環

境がかなり大事だな、と留学前から思っていて

日本に帰ってからすぐに英語を使えるバイトを

探しました。

 

 

見つけたのは、英語を英語で教えるといういわゆる英語教師バイトです。

 

 

その環境はネイティブの先生がいること・英語

を英語で教えられるので私も英語の勉強ができ

ます。笑

 

 

そして働いてる間は基本的に子ども達にも先生

同士でも英語で話すのでこれだけでも英語環境

に触れる時間を増やすことができています。

 

 

 

 

3. 授業はできるだけ英語で受けられるものを取る!

 

 

 

私は外語大に通っているわけではないので選択できる授業もかなり限られてしまいます。

 

 

しかしながら、日本に来ている留学生と知り合うチャンスにもなりますし、ネイティブの先生のレクチャーを受けられるのでアカデミックな英語に触れられる機会を作ることができました。

 

私は留学後にゼミの先生も変えました!

(かなりイレギュラーです)

ですので、卒論も英語で書くことになりゼミ自体も英語で受けるようになりました。

 

 

 

 

4. 英語での独り言

 

 

これは、AtsueigoというYouTube Channelで見

て実践しています。

(とても有名な方なので知ってる方も多いと思いますが、かなりオススメです!)

 

 

自転車に乗っている時、お風呂に入っている時

などに今日起こった出来事を整理して英語で話

しています。

 

 

 

 

今まで色々な方法を紹介しましたが、これ以外にもご自身に合うものを見つけて継続することが何より大事​なのかもしれません。

 

 

 

 

 

それでは最後の章、

3.今直面している大きな壁とは?

についてお話していきたいと思います。

 

 

 

 

もしかしたら読んでる方も同じことを思う方がいらっしゃるかもしれませんが、ある程度の英

語力まで行くとそのさらに上に行くには大きな

壁があるように感じています。

 

 

 

私が自分の英語力を中上級といったのも、上級

に行くには見えない壁があって、今ひとつ向上

できずに停滞してるような気がして仕方ありま

せん。

 

 

 

ですので、これが正しい方法かは分かりませんがIELTS OVERALL 7.0​を目指して勉強を始めま

す!

 

 

今年の3月にはすでにこの目標を立てていたも

のの日々の生活の忙しさから逃げていたので、

まずは物理的に時間を確保して、自分のその壁

を壊せるように頑張りたいと思います。

 

 

 

それを取得できれば取りたい資格の学校に応募

できるようになるのでそのための目標として頑

張ります。

 

 

 

また勉強法や結果などはこちらでシェアします!

 

 

 

皆さんももしオススメの英語勉強方法があれ教えてくださいね。

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

もし良ければポチッとお願いします✨↓

 


留学ランキング


英語ランキング


カナダランキング

 

 

【英会話・留学】初対面で“Where are you from?”は避けた方がいい?⚠️その理由とは?

 

こんばんは。

 

 

この前の差別体験のブログはかなり多くの人に読んでいただき、嬉しい限りです。

ありがとうございます。

(この前のブログです:【差別・体験談】初めてカナダで受けた差別 - Cana+Daily)

 

 

みなさんに何か新しいアイデアをお伝えできるようにもっともっと頑張ります。

 

 


f:id:dangorogoro:20190708215338j:image

 

 

 

 

それでは、本日のトピック

「初対面で“Where are you from?”は避けたほうがいい?

その理由とは?」

について話していきたいと思います。

 

 

 

このトピックについては色々な意見があると思

いますし、聞かれた方によっても意見は分かれ

ます。

 

 

 

ただ、この言葉を使うシチュエーションによっ

て捉え方は変わります。

 

 

 

今回のトピックは人種にも関わってくるのであ

くまで私の経験の中の意見だと思って聞いてく

ださい。

 

 

 

今回のブログでは、“Where are you from?”とい

う言葉で不快感を覚えてしまう人もいるという

こともあるということを頭の片隅に置いておい

ていただければと思います。

 

 

 

本日のトピックに入る前にこのことから話した

いと思います。

 

 

 

 

留学する国の背景を知ることはとても大事

 

 

 

これはどの国にいても一番大切だと思います。

 

 

特に私が留学していたカナダは建国して150年弱、移民もかなり多く受け入れているいわゆる"多文化"の国です。

 

 

私はカナダのことを勉強してきて、ステレオタイプのカナダ人は人それぞれにアイデアがあったとしても

どんな人がカナダ人かとは定義できない

と思っています。

 

 

 

 

 

では、今から“Where are you from?”を使っても

誤解を受けずらいシチュエーションと、避ける

べきシチュエーションを話していきたいと思い

ます。

 

 

 

 

“Where are you from?”

を使っても誤解を受けずらいシチュエーション

 

 

例えば、語学学校などで友達との会話で話す分

には誤解を受けずらいと思います。

 

 

語学学校の先生も基本的には

どこの国から来てるの?

と聞いてくる先生が多いです。

 

 

もともと語学学校などは留学し、英語を勉強し

たい人が多く基本的にはその国以外から来た人

が多いです。

 

 

ですから、会話を始めるトピックとして当たり

前のように聞かれることが多いです。

 

 

 

 

気をつけた方がいい!

“Where are you from?”のシチュエーション

 

 

 

これはセンシティブな話題なので気をつけて説

明したいと思います。

 

 

 

私が前提としてお話しした通り、カナダにはい

ろんな国から来た人が住んでいて、「カナダ

人」はいろんな人がいます。

 

 

そこでみなさんの「カナダ人」と言われて最初

に思いつくイメージと、実際の「カナダ人」に

は文化や見た目など色んなところでギャップが

あるかもしれません。

 

 

 

そんな中で誰にでも“Where are you from?”と聞

いていると、人によっては「私はカナダ人なの

にそうやって見られていないんだ」と、とても

不快に感じてしまう人もいるかもしれません。

 

  

 

 

この感覚を伝えるのはとても難しいのですが、

“Whrere are you from?”

には、この国出身じゃないよね?どこから来て

るの?と聞こえてしまうかもしれない可能性が

あるということを頭の隅に入れておいて欲しい

です。

 

 

 

 

 

もちろん、純粋にどこから来ているのかバック

グラウンドを知りたい場合もあると思います

が、誤解を受けないためにも例えば、

 

 

 

“Which part of Canada are you from? ”

 

 

とカナダのどこ出身なのかを聞いてもいいかもしれません。

 

 

あとの会話は相手次第です。

 

 

 

相手が話したいと思えばそのまま会話が進むで

しょうし、もし不快感を覚えていたらそれ以上

話すことは無いと思います。

 

 

 

特に日本を離れて人のバックグラウンドの話を

するときには気をつけて欲しいです。

 

 

 

どこの出身を聞いてるかで、

彼らを無意識的にジャッジしている=racism

に繋がってしまうかもしれません。

 

 

 

 

これはかなり極端な例ですが、これを知ってい

るか知っていないかでかなり変わってくると思

います。

 

 

 

 

 

今までお話ししたことは私の経験から出た意見

なので、全員に当てはまるものではないです。

 

 

 

 

 

ですが、どこか他の文化圏や国に行った時少し

でもこんな話あったな〜と思い出してもらえれ

ばと思います。

 

 

 

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうござ

います😊

 

 

良ければポチッとお願いします✨↓

 


留学ランキング


英語ランキング


カナダランキング

 

※意見などぜひぜひコメント欄にお願いします!